FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年最後に観た映画です(『かぐや姫の物語』)。

学生の頃は、講義をさぼっては映画館に行っていました。
いちばん多いときには、一年で150本ぐらい観ていたんじゃないかと思います。
といっても、ロードショーなどは滅多に行きません。
ほとんどは名画座の2本立てばかりでした。

その頃に比べると、映画館に行くことが、ほんとに少なくなりました。
今年観た映画も、手の指をぱたぱたと折っていけば数えられるぐらいの本数です。
でもまあ、「数が多ければいい」というものではないんでしょうね。
下手な鉄砲打ちじゃないんだから。
それよりも、一本ごとの映画との出会いを大切にしていきたいです。

ということで、今年最後に選んだ映画は何かと言うと・・・

「姫の犯した罪と罰」という意味深なコピーとともに封切られた『かぐや姫の物語』。
一年の締めくくりにふさわしい選択だったと思います。
すばらしかったですよ^^

冒頭から繰り返し描かれる、四季の花々や小動物、小さな虫たち。
ただ眺めているだけで、水墨画の世界に迷い込んだような気分にさせられます。
一木一草にも神仏が宿っている世界です。

姫が大空を浮遊するシーンで、彼女は「空よ、天地(あめつち)よ、私を受け入れて」と唱えます。
世界の中に溶け込んで、自然の造化と一体となっているかぐや姫。
もうほんとに、すばらしい場面でした。

かぐや姫と出会う男たちは、みんなたちまちその「美しさ」に魅了されてしまいます。
外見的な美しさを超えた、「命そのもの」の輝きに圧倒されてしまうからなんでしょうね。

お話の元となった「竹取物語」は、学校の文学史では「日本最古の物語」というように教わりました。
「貴種流離譚」(高貴な生まれなのに遠い地で苦労して育ち、やがて自己を回復し、帰還への旅に出るお話)の原型とも言われます。

でも、考えてみると、不思議な、謎に満ちたお話ですね。
なんで「竹の中から生まれる」のか、月と姫とはどういう関係にあるのか、などなど。
そのせいか、かつては「かぐや姫=宇宙人」という設定で作られた映画もありました。

この映画でも、その謎にひとつの答えを用意しています。
「姫の犯した罪と罰」というキャッチコピーともからんだ、「ちょっとわけあり」という感じの設定です。
ただ、この映画の醍醐味は、その「謎解き」にあるのではありません。
なにがどうしてどうなっているのか。
そういうことを追求することで楽しさ面白さが倍増する、という映画とは違います。

あまりあれこれ考えず、ただ映画の中に自分を放り出してしまう。
空っぽになって、描かれる世界のすべてに身を委ねる。
そんなふうにして観るのがいいのでは、と思いました。

自分を「放下」するというのは滅多に味わえない体験です。
だけど、「空っぽになる」のにとくに努力はいりませんでした。
ぼくの場合、「いざというとき」以外は、頭の中を空っぽにしてあるからです。
でも「いざというとき」は、そう頻繁に訪れません。
ようするに毎日ぼんやり生きている、ということになります。
すごいことだと思います。
褒められたことはありません。


それでは。


スポンサーサイト

「燃料補給のような食事」

前回、「立ち食いそば屋は男たちの聖域」という言い方をしました。
立ち食いそば屋さんという場所でいっとき感じる、あの独特のぬくもり。
たぶん、おそばを作ってくれるのが、たいていの場合、元気のいい「おばちゃんたち」だからかもしれません。
このぬくもりがなければ、そこはただ勤め人にとっての「空中給油所」になってしまいますもんね。

表紙にこんな装画が選ばれている本があります(星野智幸『俺俺』:新潮文庫)

俺俺

牛丼か何かのファストフード店でしょうか。
店員は客の若いサラリーマンの口の中に「食物」を注入します。
その表情はうつろで無表情。
おそらく、客の表情も同じなんでしょう。
「燃料補給のような食事」というタイトルの作品です。

背筋がひやりとするような情景ですね。
描いたのは、若くして亡くなった画家・石田徹也。
作者の星野智幸は、彼の作品にインスパイアされてこの小説を書いたとのこと。

物語の中で、「俺=私」の輪郭はどんどん溶けて崩れていきます。
とめどなく増殖し、やがて静かに暴走していく「俺」、「俺」、そして「俺」。

最近の若い書き手について、同じ小説家の高橋源一郎はこんなふうに書いています(『大人にはわからない日本文学史』:岩波現代文庫)。




「彼らは、というか、「私」は、なにかと戦おうとするより先に、まず自分がどんな世界に生きているのかを知りたいと思っています。あるいは、「私」というものがなになのかを、触知したいと願っているのです。そして、「私」というものが、あまりに、儚(はかな)く、とらえがたいものであるが故に、それは、世界と戦って守るべきものでも、一回きりのかけがえのないものでもなく、交換可能で、どんなキャラクターにでも変身できるものだとさえ思うことがあるのです。」

もし「私」という生が「一回きりのかけがえのないもの」と思えないとすれば・・・・
たしかに、どんな表情をしたらいいのかわからなくなってしまいそうですね。

石田徹也が描く作品に登場する青年たちに共通する、うつろなまなざしと閉じられた口。
一度観ただけで、印象に深く刻み込まれてしまう表情です。
そしてなぜだか、ムンクの『叫び』が思い出されてくる。
得体の知れない恐怖に身をよじり、顔をゆがめて悲鳴をあげる、あの男。

すくなくとも彼には、「目を見開く」ことができました。
口を大きく開けて、「叫ぶ」ことができた。
それによって、体内深くよどむ澱(おり)を勢いよく「吐き出す」こともできました。

石田徹也の世界では、登場人物は(青年も大人も子供も)、そのいずれをもすることがありません。
目は焦点を失い、口は縫い付けられたまま。
はずすことのできないペルソナです。

もしもうっかり心の底に下りていて、こういう表情に出会ってしまったら……。
そんな想像をするのは、なんだか恐ろしいですね。

とりあえず、意識して目をぱっちりと開き、口を開けてシャウトしたほうがよさそうです。
立ち食いそば屋さんで食べ終えた器を返すときには、大きく元気に「ごちそうさまあっ〜」と声に出す。
「おばちゃんたち」からは、きっと威勢のいい返事が戻ってきます。
返事と一緒に、「おばちゃんたち」のパワーも、ついでに逆流してきます(^_^)


それでは。


ちくわ天そばの食べ方

「世界を股にかけて」仕事をしたことはないけれど、「山手線界隈」を股にかけていたことはあります。
10年ぐらい前までは、日中、ほとんど外に出ることの多い毎日でした。
そんな頃、お昼時によく利用していたのが「立ち食いそば屋」。
わずかな空き時間を利用して、ささっと食べてひらりと立ち去る。
ひとときの疲れを癒やし、空腹を満たす「憩いの場」という感じがしたものです。

先日、久しぶりに駅構内の立ち食いそば屋さんを利用しました。
選んだメニューは「春菊天そば」(360円)。
春菊は、その「さくさく感」とほのかな苦みが魅力です。
チケットをカウンターに置いて出来上がりを待っていると・・・・
女性がひとり、後ろに並びました。
きちんと黒っぽいスーツを着こなした、20代前半とおぼしき女性です。

いま就活の真っ只中、というわけではなさそう。
その後ろ姿からは、すでに社会人としての自覚と自信と落ち着きがにじみ出ています。
たとえば地元の金融機関に入社して3年目、そろそろ社内検定をクリアしてキャリアアップを図りたい、そんな思いを裡に深く秘めているようにも見えました。

これまで立ち食いそば屋さんを利用する女性を見なかったわけではありません。
でも、このときはなぜだかすこしだけ、緊張してしまいました。
ふと、村上春樹の小説の中にあった、「仕事上がりの炭鉱夫たちの列にまぎれこんだバレリーナみたいに、一目で見分けがつく」という比喩を思い出したりして^^

さて、この女性が注文したメニューは、「ちくわ天そば」。
立ち食いそば屋さんでは、お互いの注文内容はすべてオープンです。
そこに個人情報というものはありません。

それにしても、数あるメニューの中から「ちくわ天そば」を選択するとは、なかなかどうして、隅に置けません。
縦に割られたちくわが一本、湯気を立てる麺のうえに堂々と乗せられた姿は、一見、淡々としています。
「物静か」なたたたずまいで、なんの衒(てら)いもなくただそこに横たわっているちくわ。
でも、その様子をじっと眺めていると、だんだん、とても頼もしく潔く、そして好ましく見えてきます。

東海林さだおは、ちくわ天そばの食べ方について、こう書いています(『偉いぞ!立ち食いそば』:文春文庫)




「チクワの中央のところに箸を当て、ギュッと押して撓(たわ)ませて丼の底に沈める。サクサクと揚がっている春菊と違って、チクワはツユがしみこむのに時間がかかりそうだ。うんと時間をかけて下に沈めておき、充分に温め、充分ツユの味をしみこませてから食べることにしよう」

なんだかおいしそうでしょう?

ともあれ、今回、立ち食いそば屋さんは、べつに「男たちの聖域」でもなんでもないということがわかりました。
実際、安いし早いし、メニューも豊富でおいしいですよ^^
ぼくもつぎの機会には、久しぶりにちくわ天そば、食べてみようかなと思います。
ちくわにツユをたっぷりとしみこませて。

※ 「かきあげ天そば」に卵を落とすとおいしいのに、「春菊天そば」の場合はそうでもありません。
   この違いはどこからくるのだろう。



それでは。 



空蝉がメタセコイアと夢を見る

『私の植物散歩』(ちくま学芸文庫)という本があります。
植物分類学を専門とする著者による、樹木や草花をめぐるエッセーです。
この中に、「メタセコイア」についての記述があります。

当初、「化石」として発見されたために絶滅した種とされていたメタセコイア。
1945年に中国四川省で現存することが確認されました。
そのため、「生きている化石」とも呼ばれています。
和名の「アケボノスギ」は、この本の著者(木村陽二郎)による命名なのだとのこと。
悠久の時を経て太古の眠りからいま目覚めました、というニュアンスが感じられるネーミングですね。

このメタセコイアを、東京国立博物館(上野)の前庭で見かけました。(↓)

メタセコイア


セミの抜け殻がしがみついています。
見上げると、手の届かない高さの枝先にまで登ってしがみついているものもいます。
夏が終わり秋が過ぎ、もう今日からは師走だというのに、まだ離れません。
どの抜け殻も、しっかりと葉に爪を立てて、なにがあっても引きはがされまいとしています。

セミの一生は、地中7年、羽化して7日、などとも言われます。
メタセコイアが根を張る大地に抱かれ、何年もの間、育まれてきた小さな命。
抜け殻から出ていった体のほうは、みんなまた土に還ってしまいました。
残されたこの空蝉は、いま何を思っているのでしょうか。
太古から連綿と続く「時間」の先端にしがみつき、はかなく終わった「うつし世」に名残りをとどめているのか。
……そう決めつけてしまうのは、なんだか寂しすぎますね。

抜け殻は、ただ居心地の良さにまどろんでいるだけなのかもしれません。
揺りかごのような葉の上で、メタセコイアに流れる生命力に同化し、そのエネルギーを吸い取り、いつかまた再生する夢を見ている。
だんだん、そんなふうにも思えてきます。
そうに違いないような気がしてきます。

夢の中ではきっと、メタセコイアが繁茂していた100万年前の、鳥やトンボや魚たちと一緒に戯れているんでしょう。
ときには「100万年後」を夢に見る、ということだってありそうですね。
それがどんな世界なのかはちょっと想像できないけど。
すくなくとも、「悪夢にうなされる」ような世界でなければいいなと思います。

それでは。





プロフィール

JIRO

Author:JIRO
東京下町で開業する司法書士です。
司法書士とはなにをする人か?
・・・一言では説明が難しいです。
といって二言三言あれば説明できるわけではなし。

このブログでは、日頃の出来事や読んだ本、観た映画などのことを書きつらねてみたいと思います。
あ、お仕事のこともすこし触れていきます。

(ホームページ http://www.noguchi-office.jp/)

相続なら江東区の司法書士 みどりの杜司法書士事務所(会社設立)

カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。