FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「乙巳(いっし)の変」の現場を行く

前回のつづきです。

今回の奈良行きでは、テーマにしていたことがありました。
それは、「蘇我入鹿暗殺現場を踏むこと」です。

知られているように、蘇我入鹿は、中大兄皇子らによって暗殺されました。
西暦645年のことです。
大化改新の発端ともなる、このクーデター。
乙巳(いっし)の変ともいわれています。

石舞台を後にして、10分ほどで、その現場にたどりつきました。
「飛鳥板蓋宮跡」です。

飛鳥板蓋宮跡

入鹿の一瞬の隙をついた、電光石火の実行行為。
クーデターの首謀者みずからが手を下して、時の最高権力者をうち倒す。
しかも一気に政権交代まで成し遂げる、という点で、世界の歴史を眺め回しても希有な事件ではないかと思います。
血気盛んな中大兄皇子と、中臣鎌足という名参謀とが気息を合わせたからこそ可能だったんでしょう。

この種のクーデターの成功がいかに難しいかは、たとえばヒトラー暗殺未遂事件を描いた映画『ワルキューレ』を観るとよくわかります。
慎重に周到に準備を重ねたにも関わらず、けっきょくは失敗に終わってしまう。
おそらく、この事件の首謀者シュタウフェンベルグ大佐には「中臣鎌足」がいなかったことが最大の敗因だったのかもしれません。

それにしても、かつて凄惨な事件現場だったとは思えない静けさです。
観光客の姿もなし。
でも、たしかにその日そのとき、入鹿は惨殺されました。
切り落とされたその首は空高く舞い上がり、飛んでいったと伝えられています。

落ちたとされるのが、この場所、「入鹿の首塚」です。

入鹿首塚

飛鳥板蓋宮跡からは600メートル以上の距離。
すこし離れすぎていますね。
実際にはどういうことがあったのか。
誰がなぜ、どのように遺体を動かしたのか。
入鹿のDNAなどがもし遺跡から発見されることがあれば、新たな展開があるかもしれません。
いずれにしても、明日香周辺ののどかな光景からは想像しにくい、血なまぐさい出来事です。

これは、近くの場所でみかけたトンボです。

蜻蛉

捕まえられているチョウチョは、クロヒカゲのようにもジャノメチョウのようにも見えます。
何をしているのかと思ったら、頑丈そうなトンボの顎が上下に動いて・・・
少しでも隙(すき)を見せれば、すぐに強い者の餌食になる。
いっとき「勝者」となっても、さらに強い者がまた現れる。
昆虫が昆虫として生き抜いていくというのも、大変なことなんでしょうね。

首塚からすこし離れた場所に、小高い起伏があります。
標高148メートルの甘樫丘(あまかしのおか)です。
ここには、入鹿の父である蘇我蝦夷がこもる館がありました。
老いたとはいえ、蘇我氏系の豪族をまとめるだけの求心力ある蘇我蝦夷。

小説家の清水義範に、もしこのクーデター当時、テレビがあり、NHKニュースやワイドショーがあったら、という仮定で書かれた、面白い短編があります( 『偽史日本伝』 、集英社文庫)。

事件勃発を知って、軍事アナリストまで引っ張り出すワイドショー。
そこではこんなやりとりが交わされます。

「もし戦になった場合、どちらが勝ちますかね」
アホなテレビ人は戦争が始まるといきなりそれを質問する。アナリストは平気で答える。
「おそらく、蘇我氏側が勝つでしょうね。というのは、そもそも甘橿岡の館というのは、入鹿がこのような、非常事態を想定して建てたものですから。岡の上にあって、まわりを城柵で固めていますよ。つまり要塞なんですね。そして常に東国出身の兵士に警護させているわけですから。(略)このあたりの軍人に、皇族・氏族の兵が勝てるとは思えないわけです」


いかにももっともらしい分析ですね。
いずれにしても、クーデター直後、まだ日和見を決め込む豪族も多く、予断を許さない情勢にありました。
甘樫丘というこのなだらかな丘陵が、日本の歴史の中で、ただ一度スポットを浴びた瞬間です。
結果としては、翌日になって蝦夷はあっけなく自害してしまいます。
意外とあきらめのいい蝦夷だったのでした。

さて、甘樫丘の麓にある売店近くに自転車を置き、頂上を目指しました。
歩いて約10分。
とてもゆるやかな傾斜です。
この地形では、蝦夷勢が中大兄皇子の軍勢を防ぎきるのは、やっぱり難しかったのでは。
軍事の素人ながら、そんな気がしました。

そして頂上に着きます。
目の前に大和三山(畝傍山、耳成山、天香具山)の展望が開けてきます。

いちばん左に見えるのが畝傍山。(↓)

畝傍山

そのすこし右側には耳成山があります。(↓)

耳成山

視線をさらに右に転じると、そこに見えるのが天香具山。(↓)

天香具山

万葉集には、この山々を詠んだ歌が残されています。

香具山は畝傍ををしと 耳梨と相争ひき 神代よりかくにあるらし
古(いにしへ)も然(しか)にあれこそ うつせみも妻を争ふらしき


この歌によると、神代の時代、これらの山々は、三角関係にあったらしいことがわかります。
畝傍山をこよなく愛していた天香具山。
言われてみれば、小さくこんもりとした畝傍山は、どことなく愛らしく見えます。
その畝傍山と耳成山がいい仲となってしまう。
あきらめきれないのが天香具山。
このまま畝傍山を取られてしまうことが「惜しい」と思い詰めます。
そして耳成山と、泥沼の争いをはじめてしまう。

歌の作者とされるのは、クーデターの首謀者であり、大化改新の推進者でもあった、中大兄皇子。
「昔から妻を取り合う争いがあった。いまもまた同じだ」と歌うこの歌、額田王をめぐる、弟・大海人皇子との三角関係が背後にあるようにも思われて、興味深いですね。

天香具山は、いまは畝傍山と距離を置いています。
間には耳成山が、割り込むようにして、その起伏を見せています。
いきさつはいろいろあったにせよ、今は落ち着きを取り戻しているように見える三山の関係。

でもどうなんでしょうね。
人みな寝静まった夜更け、天香具山が耳成山をひそかに迂回して・・・
などということも、神代の時代ならばあったのかもしれません。


さて、「猿石」からはじまった明日香路の旅も、この「甘樫丘」が終着点です。
出発から約6時間半。
またもし訪れることができたら、こんどは大和三山をぜひ登ってみたいなと思いました。

それでは。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

JIRO

Author:JIRO
東京下町で開業する司法書士です。
司法書士とはなにをする人か?
・・・一言では説明が難しいです。
といって二言三言あれば説明できるわけではなし。

このブログでは、日頃の出来事や読んだ本、観た映画などのことを書きつらねてみたいと思います。
あ、お仕事のこともすこし触れていきます。

(ホームページ http://www.noguchi-office.jp/)

相続なら江東区の司法書士 みどりの杜司法書士事務所(会社設立)

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。