FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スルメイカは前歯でかじる

前回のつづきです。

落ちた前歯は、無事、応急処置をしてもらうことができました。
行きつけの歯医者さんがいると、緊急時に無理を聞いてもらえるから助かります。

ただ、歯医者さん曰く、「この際、根本的に治療したほうがいいと思うけど、どうします?」とのこと。
あらたまって「どうします?」と聞かれるとあれこれ迷います。

「いえ、表面的な治療でけっこうです。"今"さえしのげればいいです。明日になれば明日の風が吹きますから」

と返事をしてみたい。
そんな誘惑が一瞬、頭をかすめました。

でも、診療台に仰向けになった状態というのは、「拒否」の言葉をためらわせます。
上から覗き込まれることの圧力が、ひたすらな「恭順」を促すからでしょうか。
実際、歯医者さんに口答えなどしたことは、これまで一度もなかったと思います。

「はい、もう、根本的に、思う存分、治療してください」

けっきょくこういう返事になってしまったのでした。
まあ、冷静に考えれば、これを機会に根っこから治してもらうほうがいいに決まってますね。
ということで、これから週に一度、長い長い治療がはじまります。

帰りがけ、歯科助手の女性に注意されました。

「固いものは避けてくださいね。前歯は仮止めしているだけですから」

固いもの。仮止めを剥がしてしまう「固い」食べ物。
具体的にはなんだろう。
しばし考えて、尋ねてみました。

「たとえば・・・スルメイカなどはダメですか?」
「そうですね。ダメです」

即答でした。
ためらいをみせない、毅然たる「否定」。
彼女がぼくから、いかなる「圧力」も感じていないことがよくわかります。

いずれにしても、大切なのは疑問に思ったことをその場で解決する態度です。
信念を持って、何ものにも屈せず、聞くべき事を聞き、糺すべき事を糺す。
こういう姿勢は、これからも貫いていきたいです。
診療台から降りると、とたんに勇気が湧き、強気になれる気がします。

それにしても、なぜ「スルメイカ」がとっさに思い浮かんだのか。
この数年、かじったこともない「スルメイカ」。
それなのに歯科助手の女性には、ぼくが毎日のように「スルメイカ」をかじっていると誤解させてしまった。

どうせ誤解されるなら「フランスパン」を例に出して尋ねるべきでした。
「白いテーブルクロスとフランスパンのある食卓光景」と「カップ酒を手にひたすらスルメイカを食いちぎる光景」。
時宜に応じてイメージを自在に演出する戦略性は、ビジネスシーンでも求められる必須の能力といえるでしょう。
たぶん。

前歯を不意に「喪失」する、という今回の体験は、こうしてすこしばかりの哀しみと反省を後に残して終わったのでした。

それでは。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは、またまたオジャマしました。

なんかわかります。歯医者さんの診察台の上ではもちろんのこと、お医者さんにはなかなか意見が言いづらいです。後のなってから、「あ、あれ聞いとけばよかった」とかアレコレ思ってしまいます。

でもきっと、一番良かれと思う診療を進めてくれていると思います。根本的な治療で良かったあ、と胸をなでおろす日がきっと来ますよ。

スルメイカはなぜ浮かんできたのでしょう?今が旬だからではないでしょうか?
イカにしろ、フランスパンにしろ、疑問に思ったことをその場で解決しようとすることは本当に大切な姿勢です!!(*^^*)

Re: No title

こんにちは、RISAさん!

歯医者さんに対してものが言いにくいこと、賛同してもらえてうれしいです^^
ぼくの場合、家庭でも仕事場でも、何か言えばすぐ反論されてばかり。
そして簡単に論破されます。
歯医者さんがうらやましいですe-441

根本的な治療、抜本的な解決って、ほんとに大切ですよね。
この際、すべてをその歯医者さんに委ねてみます。
これを機会に、中途半端な生活態度も抜本的に見直したいです。

なぜスルメイカが浮かんだのか。
誰かが美味しそうにかじっている姿を最近目にしていたからかもしれません。
それとも幼児期のトラウマか・・・
この疑問もすぐに解決したいけど、なんだか心の闇がからんでいるみたい。
別のブログテーマになってしまいそうですね(^_^)

No title

こんにちは。

私も2年前に、十数年ぶりに歯医者に行った時の事を思い出しました。
最新式の診察台に乗せられ、目の前には治療方法を説明するモニターがあり、診察中や待ち時間にはきれいな風景が流れています。リラックスさせるためなんでしょうが、診察台に乗った時点でもう、まな板の上の鯉状態です。
それに、マスクを顔半分以上隠した先生と衛生士のおねえさんには「服従」という言葉しか浮かんできません。

帰り際に衛生士のおねえさんに話しかけられたのですが、「この人だったんだぁ~」と見間違うほど笑顔の素敵な方でした。

すみません、自分の事ばかりくどくどと書いてしまいました。

スルメイカですかぁ~
潜在意識にあったのではないですか?
テレビで見たとか、居酒屋で隣の人が食べてたとか…
私は好きですけど、スルメイカ。

Re: No title

こんにちは!

歯医者さんの設備とか技術って、たしかに日進月歩で変わっているような気がします。
それでも、台に横たわったときの緊張とか「力関係」は変わらないんでしょうね。
「インフォームド・コンセント」や「説明責任」など、歯医者さんにしてみれば「やりにくくなった」という変化もあるんでしょうけど。

「衛生士のおねえさんの、見間違うほどの笑顔」というのは、まさにぼくが先日体験したことでした(^_^)
見間違えてしまったことで動転し、その動転が潜在意識から「スルメイカ」を引きずり出したのかもしれません。
それにしても、「食べたらダメ」と言われると、余計に食べたくなりますね。
こんど居酒屋でチャレンジしてみようかな。
前歯を使わずに噛みちぎれば、多分大丈夫だと思いますe-454
プロフィール

JIRO

Author:JIRO
東京下町で開業する司法書士です。
司法書士とはなにをする人か?
・・・一言では説明が難しいです。
といって二言三言あれば説明できるわけではなし。

このブログでは、日頃の出来事や読んだ本、観た映画などのことを書きつらねてみたいと思います。
あ、お仕事のこともすこし触れていきます。

(ホームページ http://www.noguchi-office.jp/)

相続なら江東区の司法書士 みどりの杜司法書士事務所(会社設立)

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。