FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風が見える映画でした(映画『風立ちぬ』)

宮崎駿監督の最新作『風立ちぬ』を観てきました。
公開初日、午前最初の上映です。
場所は有楽町・スカラ座。
すべての座席が埋まって、場内が期待と緊張で静まる中、上映が始まります。
そして120分後。
エンディングテーマ曲に選ばれた「ひこうき雲」が流れます。

 空にあこがれて
 空をかけてゆく
 あの子の命はひこうき雲


まるでこの映画のために書かれたような詩が、もの憂く美しく、どこかさわやかさを湛(たた)えたメロディに乗って流れます。
曲が終わり、場内が明るくなる直前の一瞬の静けさ。
気がつくと、あちらこちらからは、拍手の音も響いて聞こえてきました。
そのとき、映画館にいる650人以上のすべての観客が、束の間、一体になっていました。

とても不思議な映画です。
零戦の設計者として知られる堀越二郎と、作家堀辰雄による同名小説『風立ちぬ』の世界とがひとつに溶けあわされて描かれます。
また、主人公が見る夢の中では、彼は、まったく別の世界に住む人物とごく自然にコンタクトし合います。
現世享楽的なそのイタリア人飛行機設計家は、主人公に「夢」の方向を示唆します。
「夢」を追うことで負うことになるかもしれない「負債」も垣間見せます。
その「あやうさ」も突きつけます。

描かれるシームレスな世界、その至るところには「風」が吹いています。

田園風景の中、木々をそよがせる春の風。
蒸気機関車が巻き起こす疾風。
日傘を吹き飛ばしてしまう高原のつむじ風。
紙ヒコーキを空高く舞い上がらせる青葉風。
関東大震災に伴う火事が巻き起こす火災旋風。

クリスティナ・ロセッティの詩(西條八十:訳詞)も、効果的に挿入されます。

 誰が風を 見たでしょう
 僕もあなたも 見やしない
 けれど木の葉を ふるわせて
 風は通りぬけてゆく


風が吹かない場面がひとつだけあります。
主人公が恋人(菜穂子)と初夜の床入りをするシーンです。
残された時間は限られている。
そのことを分かりすぎているほど分かっている二人の初夜です。
あふれるほどのせつなさと、アニメならではの清潔な静謐さ。
この場面では風さえ遠慮して、そよりとも音を立てません。

映画パンフレットによると、宮崎監督は、主人公のキャラクターに詩人の立原道造も重ね合わせているとのこと。

立原道造は、24才で結核のため夭折した詩人です。
堀越二郎が東京帝国大学工学部に入学した10年後、彼も同じ工学部建築学科に入学しました。
立原道造は、小説『風立ちぬ』の作者である堀辰雄とも文学的に浅からぬ関わりがあります。
堀越二郎と堀辰雄とを結ぶ架け橋のような存在。
宮崎監督は、彼をそのように意識していたのかもしれません。

映画の中で、堀越青年は、「サバの骨の曲線」を見ても、そこに「美しさ」を感じて「にっこり」します。
「美しさ」は、それを「美しい」と思う心があって生まれるものであることが描かれます。
立原道造が残した詩にもまた「 美しいものになら ほほゑむがよい」という一節がありました。

その立原道造は、中原中也の死の二年後、「第1回中原中也賞」というものを受賞しています。
同じ年、ほどなくして彼もまたその短い生涯を閉じました。

いっぽう、中原中也も、堀越青年や立原道造と、西條八十や堀辰雄と、同じ時代を駆け抜けた詩人です。
彼はこんな詩(「盲目の秋」)を残しました。

  風が立ち、浪が騒ぎ、
    無限の前に腕を振る。

  その間(かん)、小さな紅(くれない)の花が見えはするが、
    それもやがては潰れてしまふ。

  もう永遠に帰らないことを思って
    酷白な嘆息するのも幾たびであろう……

  私の青春はもはや堅い血管となり、
    その中を曼珠沙華(ひがんばな)と夕陽とがゆきすぎる。

  それはしづかで、きらびやかで、なみなみと湛(たた)へ、
    去りゆく女が最後にくれる笑(えま)ひのやうに、

  厳(おごそ)かで、ゆたかで、それでゐて侘しく
    異様で、温かで、きらめいて胸に残る……

  風が立ち、浪が騒ぎ、
    無限のまへに腕を振る。


この時代を生き抜いたすべての人たちの上を、風が立ち、斉しく吹き抜けていった。
時代は変わったけれど、同じ風はいまもすぐそこに、目の前に、吹いています。
人から人へ、過去から未来へ、無限に向けて吹き続けています。


それでは。




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

「風立ちぬ」、公開初日の朝一番に観に行かれたんですね!
私は、混雑ぶりを想像して行く勇気(?)がでませんでした。
でも、早く観に行きた~いと思っています♪

ブログ、読ませていただこうかと思いましたが、
今回はやめました。映画を見た後、再びじっくりゆっくり
訪問させていただきますね(^_-)-☆

Re: No title

公開初日は混雑が予想できたので、2日前にネット予約しました。
それでもチケット発券機の前は大行列でした(^_^)

この映画については、事前情報をなるべく聞かないようにしました。
予備知識があったほうが見やすい場合もあるけど、この映画の場合はまっさらな状態で鑑賞するほうが正解かもしれません。
見終わったあと、いろんなことを考えてしまいます。
でも、感じたことを整理して書くのはむずかしくて、けっきょくとりとめのない文章になってしまいました。
また時間がたったら、別の感想が湧いてくるかなあと思っています。
くまねこくんさんの感想、楽しみにしていますねe-446

No title

こんばんは!

やっと「風立ちぬ」を観に行き、JIROさんのブログを
ゆっくり読ませていただきました♪
現実的でひねくれものの(笑)私と違って、JIROさんは
とてもロマンチストです。風にもいろんな風がありますね。
どんな風が吹くかによって、その場面の表情が全く違った
ものになるんですね。

私なんか、二郎の背広の裾がパタパタはためくのを見て、
普通、裾ははためかないのに、よっぽど強い風なんだな~と
つまらないことを考えてしまったり…。

観ている時よりも、家に帰ってからいろいろ考えてしまう
映画でした。できれば、もう一度観てみたい気がします。
一度目っていうのは、ストーリーを追うのが精いっぱい。
二度目で初めて隅々まで本当に味わえる。
以前「グスコーブドリの伝記」を2回観に行って思いました。

中原中也の「盲目の秋」、胸に迫るものがありますね。
柄にもなく、いろんな詩を大きな声でそらんじてみたくなりました♪

Re: No title

こんにちは!

日常的には、仕事でも家庭でも「ロマン」とは無縁に暮らしています。
「無縁」が極まると「あこがれ」が生まれる、ということはあるのかもしれません^^

「堀越二郎の背広の裾がパタパタはためいていた」シーンというのがあったんですね。
あまり関係はないんだけど、アポロ11号が月面着陸したとき「真空のはずなのに星条旗がなびいていた」というような話を思い出してしまいました(^_^;)

「観ている時より家に帰ってからいろいろ考えてしまう」というのは、ほんとにそのとおりですね。
ぼくも観ているときはほとんど「風まかせ」の気分でした。
観終わって、あらたまって「テーマ」を考えてみたけど、やっぱりうまくまとめることができません。
ただ、特に後半、意識的に「空白」を大きくとり、言葉を抑制している気配は感じました。
そのほうが「風通し」がよくなる、という判断があったのかもしれないです。

映画の中でクリスティナ・ロセッティの詩が朗読されたとき、なぜか「中原中也」のことが思い出されました。
だから「盲目の秋」をみつけたとき、うれしかったです。
ひょっとしてこれは「セレンディピティ」とか言われるものでは、などと、ひとりで色めき立ったのでしたe-454
プロフィール

JIRO

Author:JIRO
東京下町で開業する司法書士です。
司法書士とはなにをする人か?
・・・一言では説明が難しいです。
といって二言三言あれば説明できるわけではなし。

このブログでは、日頃の出来事や読んだ本、観た映画などのことを書きつらねてみたいと思います。
あ、お仕事のこともすこし触れていきます。

(ホームページ http://www.noguchi-office.jp/)

相続なら江東区の司法書士 みどりの杜司法書士事務所(会社設立)

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。