FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

床屋さんかヘアサロンか。

きのう、床屋さんに行ってきました。
とてもさっぱりすっきりしました。

・・・なんだか、小学生の絵日記みたいな書き出しですね。
長い髪の毛と、頭よりもずっと大きいハサミの絵を添えれば出来上がり。

だけど、あいにく、ぼくはもう子どもではありません。
さまざまなことにあるいは迷い、あるいは悩みを抱く、れっきとした大人です。
納税だってしています。

じつはこの文章の書き出しの一行にも、かなり迷いました。
はたして「床屋さん」でいいのか。
行きつけのお店は、HPでは、「メンズヘアサロン」と謳われています。
たしかに、10脚の椅子が並び、スタッフがきびきびとコンビネーションよく動き回る店内には、横文字の雰囲気があふれ、カタカナが氾濫しています。
「床屋さん」も「理容店」も「理髪店」も、ましてや「散髪屋さん」も、どれもしっくりとはきません。
となると、冒頭の一行は、こう訂正されます。

「きのう、メンズヘアサロンに行ってきました。」

・・・なぜだかぜんぜん落ち着きません。
竜宮城に迷い込んだ、さるかに合戦の猿みたいな気分です。
いったいぼくは、どこへ行ってきたんだろう。
れっきとした大人として、悩みは深まるばかりです。

江戸時代までさかのぼれば、「髪結い」という言葉もありました。
奥さんのはたらきのお陰で楽に生活することができる男を差して、『髪結いの亭主』などとも言います。
生まれ変わったら、ぜひトライしてみたいポジションです。
でも、たぶん、「稼ぎが悪い」と叱られてばかりの「亭主」になってしまう気もします。
転生の後の職業選択について、悩みは深まるばかりです。

最近、目の覚めるほどあざやかな髪結いの手さばきを見ました。
歌舞伎座、8月納涼歌舞伎の『髪結新三』です。
新三を演じるのは坂東三津五郎。
手代役の中村扇雀の髪を、年季を感じさせる手つきで、よどみなく撫で付けます。
生半可な気持ちで「髪結いの亭主」になどなれないことを思い知らされます。

この演目の見せ場は、15両の小判をめぐる、家主の長兵衛とのやりとりです。
憎めない小悪党の新三と、したたかな長兵衛。
ふたりのとぼけたやり取りに、大爆笑の渦となる場内なのでした。

以前、いまは亡き勘三郎が新三を演じた、同じ場面を思い出します。
三津五郎の新三は、盟友だった勘三郎が乗り移ったようにも見えます。
乗り移ったように見えて、やっぱりしっかり「三津五郎」である、そのところがすごいと思いました。

きょう、「坂東三津五郎、膵臓瘍で休演を発表」というニュースが流れました。
「早期発見できたことは大変幸運なこと」だったそうです。
すぐにまた復帰してほしいですね。
さまざまなポジションに迷いなくトライしつづける三津五郎を、はやく観たいです。


それでは。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

JIRO

Author:JIRO
東京下町で開業する司法書士です。
司法書士とはなにをする人か?
・・・一言では説明が難しいです。
といって二言三言あれば説明できるわけではなし。

このブログでは、日頃の出来事や読んだ本、観た映画などのことを書きつらねてみたいと思います。
あ、お仕事のこともすこし触れていきます。

(ホームページ http://www.noguchi-office.jp/)

相続なら江東区の司法書士 みどりの杜司法書士事務所(会社設立)

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。