FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「永遠の微笑み」へのタイムスリップ

パリを舞台にした映画を、衛星テレビで観ました。
ウッディ・アレン監督、『ミッドナイト・イン・パリ』という映画です。

監督自身を思わせる、どこかぱっとしない作家志望の男が、パリを訪れます。
そして、深夜の到来とともに、1920年代、エコール・ド・パリの時代にタイムスリップ。
そこで出会うのは、なんと、フィッツジェラルドとその恋人ゼルダ、ヘミングウェイ、そしてガートルード・スタイン。
ピカソやダリや、若き日のルイス・ブニュエルも現れるというにぎやかさ。

でもストーリーはそこにとどまりません。
さらにもういちどタイムスリップ。
今度は1880年代後半のパリです。
そこの酒場で出会うのは、ロートレックでありドガであり、ゴーギャンです。
パリをこよなく愛しているウッディ・アレン。
そのことがありありと伝わってくる、とてもごきげんな映画でした^^

先日、『ブーシキン美術館展』(横浜美術館)に行ってきました。
展示されているのは、ロココからエコール・ド・パリの時代まで、300年間に渡るフランス絵画。
やはりパリをこよなく愛し、憧れつづけたロシアの収集家たちによるコレクションです。

見どころがいっぱいでした。
たとえば、ルノワールが描いた「ジャンヌ・サマリーの肖像」。
彼の肖像画作品中、最高傑作とも言われているそうです。

プーシキン美術館展

赤、黄色、青、緑、そしてピンク。
色が溢れて画面からこぼれてきます。
洪水になって渦を巻いて、炎(ほむら)立って迫ってきます。
氾濫する色の中で、でも視線は次第に、ジャンヌのブルーの瞳と朱の唇に収斂していきます。
最後にはこの「微笑み」だけに吸い寄せられます。

モデルとなったジャンヌは、当時のパリの売れっ子舞台女優でした。
でも、憧れの女優、サラ・ベルナールの名声には届かず、その後33才で亡くなったそうです。

彼女がこのとき見せた「永遠の微笑み」。
そしてそれを描きあげたルノワール。
制作された現場に一瞬でいいからタイムスリップして立ち会えたら、と思ってしまいました。

こういう「微笑み」に、「絵画」ではなく「映画」の中でかつて出会ったことがあるような気がする。
そう考えていたら、突然思い出しました。
シャーリー・マクレーンです。
ジャンヌの死から40年後、1934年生まれのアメリカ女優ですね。
彼女がいちばん生き生きと輝いていたころの作品に、『あなただけ今晩は』(ビリー・ワイルダー監督:1963年)があります。

この映画でも、舞台となるのはパリ。
シャーリーが演じたのは、パリの裏町で暮らす気のいい娼婦でした。
衛星テレビで放映してくれたら、ぜひまた観てみたいと思います。
いまは、昔の映画でも自宅に居ながらにして観ることができるのがうれしいですね。
わざわざタイムスリップの手間をかけなくても。

それでは。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんばんは!

『ミッドナイト・イン・パリ』は、昨年映画館で観ました。
主人公と一緒に過去のパリに迷い込んだような、おしゃれで
楽しい映画でしたね。またまたタイムスリップして、ドガや
ゴーギャンにまで会えるなんてね。
夜な夜なっていうのが、まるで何かに取りつかれたようで、
主人公、もう現実に戻ってこれないかもって思ったら、
ちゃーんと帰って来てパリジェンヌとハッピーエンド♡

『プーシキン美術館展』、私も行ってきました。
盛りだくさんで得した気分でした!

JIROさん、気持ちはすでに130年前のパリに
タイムスリップしてますね~♪

Re: No title

こんにちは!

『ミッドナイト・イン・パリ』、映画館でご覧になったんですね-。
「誰もが昔を懐かしむ、だけどほんとうは"今"がいちばんいいのだ」みたいな、ちょっと皮肉なメッセージも込められていた気がしました。
たしかに、「昔」に行けばケータイもネットも抗生物質もないから、なにかと不便なことは間違いないです。
でも、「ずっと」ではなくてミッドナイトの間だけなら、130年前のパリへの時空移動も楽しそう。
ただ、ちょっと時間がずれると「戦争」のど真ん中に放り込まれます。
気を付けないと危ないです。

『プーシキン美術館展』、ほんとに「盛りだくさん」という言葉がぴったりでした。
パリを中心とする西洋絵画の流れを一気に観て廻ることができました。
横浜美術館は久しぶりだったけど、常設展示も充実していて、たくさん楽しめますねe-454

プロフィール

JIRO

Author:JIRO
東京下町で開業する司法書士です。
司法書士とはなにをする人か?
・・・一言では説明が難しいです。
といって二言三言あれば説明できるわけではなし。

このブログでは、日頃の出来事や読んだ本、観た映画などのことを書きつらねてみたいと思います。
あ、お仕事のこともすこし触れていきます。

(ホームページ http://www.noguchi-office.jp/)

相続なら江東区の司法書士 みどりの杜司法書士事務所(会社設立)

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。