スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日常生活に潜む「陥穽」

日常生活に潜む「陥穽」とでもいうべきものに、ある日とつぜん直面することがあります。
そして「じぶん」を見失いそうになる。
心して気を付けないといけないなあと思います。

きっかけは「ポカリスエット」でした。
街を歩いていて、急に飲みたくなった「ポカリスエット」。
いちど思い立つと、何が何でも飲みたくなるものです。

すぐ目についた自動販売機の前に立ち、硬貨を投入しました。
百円玉が一枚と十円玉が五枚。
ランプの点灯を確認し、ボタンを押します。
ところが・・・
「ごとん」という、あの落下音が聞こえません。
背中からは自動車のエンジン音や公園で遊ぶ子どもの声が聞こえてきます。
でも、目の前の自動販売機は「うん」とも「すん」とも言いません。

きっと機嫌でも悪いのだろう。
そう好意的に解釈して、返却レバーを押しました。

今度は、硬貨の落ちる音が聞こえます。
返却口に指を入れて取り出してみると・・・
戻ってきたのは5枚の十円玉。
なぜか百円硬貨だけ、自販機内に取り残されてしまったのでした。

6枚投入した中で、百円硬貨だけ選択的に拉致をする。
ここには、機械の「意思」が働いているとしか思えません。
目には見えない「悪意」のターゲットにされてしまったのでしょうか。
「奸計」とか「隠謀」というような言葉が浮かんでは消えます。

こういう場合の正しい振る舞いはなにか。
脳内をサーチして得た答えは、「自販機を蹴る」という対処法です。
「蹴る」ことによって機械に「いまなすべきこと」を思い出させる。
人を欺くことが「割りに合わない」ことを知らしめる。

では、どこを「蹴る」のがいちばん効果的か。
正面がいいのか、それとも右側面か。
・・・などと思案をしていると、背後にランドセルの列が通りかかりました。
元気にはしゃぎながら、数人の小学生がすれちがっていきます。
その途端、はっと我に返ってしまいました。

自分はいったい何を考えていたのか。
子どもたちの見ている目の前で、何をしようとしているのか。
百円玉ひとつのことで、機械に向かい、その理非を明らかにしようと思うことのむなしさ。
いっぺんに目が覚めてしまいました。
このとき、おそらくぼくの瞳はきらきらとうるんでいたと思います。

ふと、『野良犬』という映画の一シーンを思い出しました。
1949年に作られた、黒澤明監督作品です。
ラスト近く、泥土の中で、草むらの上で、必死に格闘をする刑事と犯人。
ようやく組み伏せられた犯人の耳に、子どもたちの明るい歌声が聞こえてきます。
「ちょうちょ ちょうちょ 菜の葉にとまれ~♪」
とたんに彼は顔をゆがめて泣きはじめます。
身も世もあらぬほどの号泣。
このとき、彼の中にも「自分はいったい何を」の思いが繰り返しわき上がっていたんでしょうね。

ということで、「ポカリスエット」は別の自販機であらためて買い求めました。
けっきょく、250円を費やして購入したことになります。
都会に潜む「陥穽」から逃れ出た代償と思えば安いものです。

それでは。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

「陥穽」という漢字が読めませんでした。(>_<)
自分の知識のなさに恥ずかしくて、入る穴を探しておりました。

だけど、内容は大変わかりやすくて安心しました。

「はっと、我に返るとき」
これは、何かが自分を試しているのではないかと、思う時もあります。

でもこの状況、私だったら子どもたちが通り過ぎた後、こっそり自販機を蹴っていたかもしれません。
ああ、まだまだ人間ができていませんね。

Re: No title

こんにちは、蜩さん!

「陥穽」という言葉って、ただの「落とし穴」よりも不吉な感じがありますよね。
ただこの言葉、書けと言われたらぼくも書けません(^_^;)

たしかに、今回の体験は、「何か」に試されたのかもしれないです。
穴に落ちるかどうかは、いつも紙一重なんでしょうね。
けっきょく自販機を蹴りこそしなかったけど、去り際に軽く睨みつけてしまいました。
そのぐらいなら、まあオッケーなのでは、と思います(^^)

No title

こんばんは!
私も「陥穽」が読めなくて辞書で調べてしまいました^^

自販機ってのは時々ズルをしますよね~
私は切符を買う時、お金が足りないと表示されて
返却レバーを押すと、なぜか10円が5円に化けたり
100円が50円に化けたり??が何度か…。
入れ間違えたんだろう?と言われればそれまでですが。
私は今でもズルされた~と思っています(笑)

JIROさんの蹴ってる姿見たかったですね~。
きっとそのあと足を抱えていたでしょうね~。
勝手に想像して笑っています。
ちょっと質問です!
蹴るって行為、それは自販機に対して「コラッ!」と
思い知らせるためですか?それとも、昔テレビやラジオ
の調子が悪いとよくバンバンとたたいて直していた時代
がありましたがそちらのほうですか?

Re: No title

くまねこくんさん、こんにちは!

券売機で同じような経験があるんですね-。
10円が5円に、100円が50円に化けるって……
やっぱり「隠謀」の気配がぷんぷんと匂います。
自販機や券売機でのこういった詐取って、全国的には年間、かなりの額になるのでは。
でも、ひょっとして逆におつりが多く戻る人、というのもいて、全体としてのつり合いが取れている可能性もあります^^

ご質問に答えますね。
「蹴る」という対処法は、自販機に対しての「教育的見地」として頭に浮かびました。
機能不全に陥っている回路に刺激を加え、本来の役割に目覚めさせるための教育的指導。
でも、すこし「懲罰的見地」が入っていたかも。
さらには「報復的見地」もなかったとはいえない気がしてきた……
なんだか「体罰」の言い訳に汲々とする教師みたいですね(-_-;)
プロフィール

JIRO

Author:JIRO
東京下町で開業する司法書士です。
司法書士とはなにをする人か?
・・・一言では説明が難しいです。
といって二言三言あれば説明できるわけではなし。

このブログでは、日頃の出来事や読んだ本、観た映画などのことを書きつらねてみたいと思います。
あ、お仕事のこともすこし触れていきます。

(ホームページ http://www.noguchi-office.jp/)

相続なら江東区の司法書士 みどりの杜司法書士事務所(会社設立)

カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。