FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ターナー展」で確かめた、ある記憶の真偽

小学5年生のとき、「美術全集から好きな絵を選んで模写をする」という図工の授業がありました。
「好きな絵」と言われて、まさかボッティチェリの「ヴィーナスの誕生」を描くわけにもいきません。
そこで選んだのは、明るい感じの風景画。

いま思い出してみると、場所はどこかの港で、ゴンドラみたいなものが描かれていました。
だとすると、場所はヴェネチア、作者はことによるとターナーだったのでは。
……という記憶の真偽を確かめたくて、開催中の 『ターナー展』 (東京都美術館)へ。

ヴェネチアの港を描いた作品が展示されています。
でも記憶の中にある港とはまったく違いました。
薄暮に近い港には、川面にも空にもまだ淡い光がもわもわと漂っています。
輪郭のかすんだ月が遠くに浮かび、ゴンドラも水墨画のようなシルエットを見せています。
空気と光と靄(もや)、すこしずつ移り変わる時間、といったものを意識させられる絵画です。

でも、かつて模写した、あの港の光景とは、まったく違いました。
模写できるような親しみ安さはどこにもなく、そこにあるのは深く沈んだ情感のようなもの。
小学生が模写したいと思う絵ではありません。
模写できるような絵でもありません。
まだしも「ヴィーナスの誕生」を選ぶほうが自然だったでしょうね。

展示を観て回っていると、ターナーの作風が初期からどんどん変わっていく様子がわかります。
名所旧跡を淡々と水彩で描いていた時代から、自然現象の持つ「荘厳さ」に惹きつけられ、やがて画面に光が溢れ出して、ついには抽象的な表現に至ってゆく。

でも、その変化は、ひとりの画家が「進化していく過程」ということとは、すこし違うのかなという気がしました。
単純に直線的に出世魚のごとく「進化」したのではなく、自分の中にある「どうにもならなさ」とか「もどかしさ」を廻って試行錯誤を繰り返した、その「うねり」の軌跡こそが、残された作品群なのでは。
なんとなくそんなふうに思えたのでした。

そもそも物事は、時が経つに連れてどんどん「進化」していくものなのでしょうか。
もしもそうだったら、世界の未来も運命も、捨てたものではありません。
だって、いつでも今日よりはましな「明日」を信じられるのだから。

でも現実はなかなかそういうわけにはいきません。
自分を省みても、日々進化するのは「年齢」だけ、というのが悲しいです。
気を付けないと、「体重」や「コレステロール値」も。
口の悪い人なら、「それは進化ではなく老化だ」と指摘するでしょう。
人生は、「どうにもならなさ」とか「もどかしさ」で満ち満ちているみたいです。

それにしても、小学生のときに模写したあの「港の絵」は、誰がどこを描いた作品だったのだろう。
今回、謎は謎として残ってしまいました。
NHKスペシャルのナレーション風に言えば、「記憶の迷宮への挑戦はなおも続くのであった」と締めるところです。


それでは。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

JIRO

Author:JIRO
東京下町で開業する司法書士です。
司法書士とはなにをする人か?
・・・一言では説明が難しいです。
といって二言三言あれば説明できるわけではなし。

このブログでは、日頃の出来事や読んだ本、観た映画などのことを書きつらねてみたいと思います。
あ、お仕事のこともすこし触れていきます。

(ホームページ http://www.noguchi-office.jp/)

相続なら江東区の司法書士 みどりの杜司法書士事務所(会社設立)

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。