FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちくわ天そばの食べ方

「世界を股にかけて」仕事をしたことはないけれど、「山手線界隈」を股にかけていたことはあります。
10年ぐらい前までは、日中、ほとんど外に出ることの多い毎日でした。
そんな頃、お昼時によく利用していたのが「立ち食いそば屋」。
わずかな空き時間を利用して、ささっと食べてひらりと立ち去る。
ひとときの疲れを癒やし、空腹を満たす「憩いの場」という感じがしたものです。

先日、久しぶりに駅構内の立ち食いそば屋さんを利用しました。
選んだメニューは「春菊天そば」(360円)。
春菊は、その「さくさく感」とほのかな苦みが魅力です。
チケットをカウンターに置いて出来上がりを待っていると・・・・
女性がひとり、後ろに並びました。
きちんと黒っぽいスーツを着こなした、20代前半とおぼしき女性です。

いま就活の真っ只中、というわけではなさそう。
その後ろ姿からは、すでに社会人としての自覚と自信と落ち着きがにじみ出ています。
たとえば地元の金融機関に入社して3年目、そろそろ社内検定をクリアしてキャリアアップを図りたい、そんな思いを裡に深く秘めているようにも見えました。

これまで立ち食いそば屋さんを利用する女性を見なかったわけではありません。
でも、このときはなぜだかすこしだけ、緊張してしまいました。
ふと、村上春樹の小説の中にあった、「仕事上がりの炭鉱夫たちの列にまぎれこんだバレリーナみたいに、一目で見分けがつく」という比喩を思い出したりして^^

さて、この女性が注文したメニューは、「ちくわ天そば」。
立ち食いそば屋さんでは、お互いの注文内容はすべてオープンです。
そこに個人情報というものはありません。

それにしても、数あるメニューの中から「ちくわ天そば」を選択するとは、なかなかどうして、隅に置けません。
縦に割られたちくわが一本、湯気を立てる麺のうえに堂々と乗せられた姿は、一見、淡々としています。
「物静か」なたたたずまいで、なんの衒(てら)いもなくただそこに横たわっているちくわ。
でも、その様子をじっと眺めていると、だんだん、とても頼もしく潔く、そして好ましく見えてきます。

東海林さだおは、ちくわ天そばの食べ方について、こう書いています(『偉いぞ!立ち食いそば』:文春文庫)




「チクワの中央のところに箸を当て、ギュッと押して撓(たわ)ませて丼の底に沈める。サクサクと揚がっている春菊と違って、チクワはツユがしみこむのに時間がかかりそうだ。うんと時間をかけて下に沈めておき、充分に温め、充分ツユの味をしみこませてから食べることにしよう」

なんだかおいしそうでしょう?

ともあれ、今回、立ち食いそば屋さんは、べつに「男たちの聖域」でもなんでもないということがわかりました。
実際、安いし早いし、メニューも豊富でおいしいですよ^^
ぼくもつぎの機会には、久しぶりにちくわ天そば、食べてみようかなと思います。
ちくわにツユをたっぷりとしみこませて。

※ 「かきあげ天そば」に卵を落とすとおいしいのに、「春菊天そば」の場合はそうでもありません。
   この違いはどこからくるのだろう。



それでは。 


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは!
ちくわの天ぷら、大好きです。
ちくわ天そばっていうメニューがあるんですね!
東海林さんの文章、とってもおいしそう。
年越し蕎麦はリーズナブルなちくわ天で決まりです!

私はうどん圏で育ったので、温かいのはつい蕎麦より
うどんを注文してしまいます。

それにしても、立ち食いそば屋の話をこんなに広げて
書けるなんて…いつも感心しています。
次の話題も楽しみにしていま~す^^

Re: No title

こんにちは!

ちくわは、おでんも煮物も天ぷらも、ぜんぶいいですよね^^
年越しそばには、できれば春菊天やかきあげ天、茄子の天ぷらなども添えてみてください。
そんなおそばだったら・・・
大晦日が3日ぐらい連続してもいいなと思います^^

くまねこくんさんは「うどん圏」育ちなんですね。
ぼくはいちど、大阪でうどんを注文したとき、「卵を落としてください」と頼んで怪訝な(不審な)顔をされたことがあります。
どうも、あまり行儀のよいふるまいではなかったみたい。
うどんを食べるマナーにも地域差があるんだなあと思いました。

うどんは関西・四国がだんぜん美味しいですよね。
いまの夢は、讃岐のうどんツアー。
いつの日か実現させたいです(^_^)

No title

とても魅力的な記事でした。
また遊びに来ます!!
プロフィール

JIRO

Author:JIRO
東京下町で開業する司法書士です。
司法書士とはなにをする人か?
・・・一言では説明が難しいです。
といって二言三言あれば説明できるわけではなし。

このブログでは、日頃の出来事や読んだ本、観た映画などのことを書きつらねてみたいと思います。
あ、お仕事のこともすこし触れていきます。

(ホームページ http://www.noguchi-office.jp/)

相続なら江東区の司法書士 みどりの杜司法書士事務所(会社設立)

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。