FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思えばいと疾しこの年月

高校の恩師であるK先生が今年、米寿を迎えます。
米寿といえば88歳。
「末広がり」の意味を持つ「八」が重なる、とてもめでたくて縁起のいい数字です。

ということで開催された「米寿を祝う会」に出席してきました。
場所は東京ステーションホテル・ゲストラウンジ「アナトリウム」。
同期生約70名が出席し、和気藹々の中、みんなで心をひとつにしてお祝いすることができました。

これだけのイベントがつつがなく終わったことの裏には、幹事諸氏のさまざまなお骨折りがあったことと推察します。
いつだって水面下では、言うに言われぬ「見えない」ご苦労がある。
それは、「見えない人」、「見ようとしない人」には、ぜったいに見えません。
だけど、K先生はきっとすべてをしっかり見ておられたことと思います。
見えないことこそをしっかり見ておられたに違いありません。

そう思うのは、ぼく自身のある体験によるものです。
じつは高校生のあの頃、胸の中に、ある「わだかまり」をかかえていました。
悩みやトラウマといったこととは違う、ごくプライベートな事柄です。
それでも、こどものころからずっと、春になっても溶けない根雪のように、心の片隅にしつこくこびりついていました。

そんなあるとき、廊下でK先生に話しかけられました。

「どうなんだ、いまでもまだ思い出すことがあるのか?」

突然のことにびっくりしました。
自分の胸の裡に眠っている「ほんとうのこと」は、誰にも、親にさえも打ち明けたことはありません。
なのに、この先生にはすべてが見えている・・・・

驚いて混乱して、しどろもどろになってしまいました。
先生はにっこりと温顔のままです。

「もうじゅうぶんだろう。忘れてしまいなさい」

そう言って、廊下を渡って行かれました。

もう忘れていい。忘れてかまわない。
ぜったいに自分の中からは生まれてこない言葉でした。
でも「誰か」がそう言ってくれるのをずっと待っていた、待ち続けていた、まさしく魔法の言葉でした。

その日その瞬間から、視界が倍に開かれました。
スマホで画面をピンチインするように、一気に世界が広がりました。
気がついたら、しつこい根雪も消えていました。
呼吸をするのも楽になりました。

会が終わり、退場される先生と、一瞬、握手させていただくことができました。
あの日のやりとり、きっともう忘れてしまっておられると思います。
いいんです。忘れてしまってください。
あれはあのときかぎりのこと。
どうか忘れてしまってください。

でもぼくは忘れません。
いつまでも忘れることはできません。

こんどは「卒寿を祝う会」でお会いすることになりますね。
どうかお元気でいてください。


それでは。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

昨日は参加していただきありがとうございました。
みなさんのおかげで、楽しい会となりました。

先生って、もしかして霊感をお持ちなんでしょうかね?
私も、肉屋を閉めた後の賀状に「人には得て、不得手があります。好きな事をやりなさい」と書いてあってビックリしました。そしてその言葉が今の店を開店するのにどれだけ勇気をくれたことか・・・。

まだまだ頑張って生きていただき、次回の同期会に来てもらわないとね!

Re: No title

幹事、お疲れ様でした!
会場内を駆け回る様子、生き生きと輝いて見えましたよ^^
前へ進もうかというとき、誰かの言葉を必要とすることがあるんでしょうね。
そういうときに背中を押してくれたり勇気づけたりしてくださる人が近くにいてくれた。
きっとぼくたちはしあわせだったんだろうと、つくづく思います。

一昨日はお世話様でした。

私はK先生と握手できなかった(>_<)

N君が先生としっかと握手しているのは見ました。
短い時間に意思疎通が図れたんだなって感じました。

卒寿を祝う会を催してくれたら、私も絶対に!(^^)!って思っています。

事前に思うこと&後になって思うことはたくさんあるのに・・・・
なかなかですね(-_-;)



Re: 一昨日はお世話様でした。

握手した瞬間、言葉はほとんど交わせなかったけど、気持ちはたしかにお伝えしました。
お会いできてほんとによかったと思います。

NAGAさんも、卒寿をお祝いするときは、ぜひ、人を押しのけてでも握手しちゃってください。
そのときまでに、また「思うこと」がいっぱいたまってしまいそうですねー(^_^)

No title

こんばんは!
あちこちで激しい雷雨があったようですが、
JIROさんのところは大丈夫だったでしょうか。

JIROさんは、素晴らしい先生との出会いがあったのですね。
卒業して何十年もたって皆で米寿や卒寿をお祝いする
恩師がいるって、そうそうないですよね。
K先生はひとり一人の生徒をきちんと見つめて下さっていた。
だから皆の心にいつまでも残っているのでしょうね。
K先生との出会いは宝物ですね。うらやましいです!

Re: No title

こんにちは!

カミナリ、すごかったです^^;
ちっちゃい頃、空がゴロゴロしだしたら「くわばら、くわばら」と唱えれば大丈夫だと、たしか祖母に教わりました。
由来はぜんぜん知らないんですけどね。不思議にいつまでも忘れられません。

先生とのことも、不思議といつになっても思い出されます。
というか、時とともに、次第次第に、思い出が濃縮されていくみたいです。
歳月による「純化作用」なんでしょうか。

そうは言っても、在校当時はあまり真面目に授業を受けていなかった気が・・・
それもまた、今となってはなつかしい思い出です(^_^)
プロフィール

JIRO

Author:JIRO
東京下町で開業する司法書士です。
司法書士とはなにをする人か?
・・・一言では説明が難しいです。
といって二言三言あれば説明できるわけではなし。

このブログでは、日頃の出来事や読んだ本、観た映画などのことを書きつらねてみたいと思います。
あ、お仕事のこともすこし触れていきます。

(ホームページ http://www.noguchi-office.jp/)

相続なら江東区の司法書士 みどりの杜司法書士事務所(会社設立)

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。