スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

逆縁の父親ふたり

NHK連続テレビ小説『花子とアン』を毎回観ています。
今週は、花子の愛息(歩ちゃん)が死んでしまいましたね。
子が親より先に死んでしまうことを「逆縁」というそうです。
この世での「縁」が逆さまになってしまうということ。
観ていてとても辛いものがありました。

歩君は、生まれてからまだ悪いことなんて何ひとつとしていません。
しいていえば、壁や廊下に落書きをしたぐらいのこと。
なのに突然、こんな幼い子どもに襲いかかり、大鎌を振り下ろす死に神・・・・
無情だの不条理だの、どんな既成の言葉を持ち出しても収まりのつかない、なんとも言えない気持ちになります。

母である花子が悲しみに泣き崩れる陰で、父親である村岡英治が必死に自分の感情を抑え、自己を律して妻をいたわり、支えようとする姿が心に残ります。
もしもこんな状況に自分が置かれたら、とても彼のようには振る舞えそうもありません。
男のほんとうの「やさしさ」や「強さ」を見る思いがします。

そんな彼をみて思い出すのが『風と共に去りぬ』のレット・バトラー。
レットもまた愛娘ボニーを失ってしまいます。
半狂乱となるレット。ボニーの部屋にボニーと一緒に閉じこもり、誰にも会おうとしません。埋葬することさえ許さない。なぜなら、ボニーはひとりきりで暗闇に閉じ込められることを異常なほど怖がっていたからです。乳母のマミーにレットは言います。

「おまえは、あの子があんなにこわがった暗いところに、このおれが、平気であの子を埋めると思うのか?いまでも、おれには、あの子が暗がりのなかで目をさまして泣いていた声がきこえるんだ。おれは、あの子がこわがるようなことはしたくない」(『風と友に去りぬ(五)』新潮文庫)

それまでの颯爽とした姿とは裏腹に、父親として、人間として、弱くて脆い部分をむき出しに晒してしまうレット。
この悲痛きわまりない場面があるからこそ、レット・バトラーは物語の世界で不滅の存在になったのではと思います。

村岡英治とレット・バトラー。
一見、両極端のようにも見えます。
でもここにあるのは、ただ子を失った親の悲しみだけです。
深くて暗い底なしの沼のような二つの「無限」があるだけです。

「わんぱくでもいい、たくましく育って欲しい」

こんなCMがありましたね。
つくづくそのとおりだな、と思います。

それでは。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

こんにちは。

私も『花子とアン』を毎回楽しみにしています。
歩ちゃんが亡くなった回は、本当に心が痛くなるくらい悲しみが伝わってきました。
私はやはり女性ですので花子の気持ちに寄り添ってしまいましたが、確かに英治さんの自分の悲しみを押さえて花子を支えている姿は見ていて苦しかったです。

『風と共に去りぬ』のレット・バトラーの悲しみはそれまでの彼の振る舞いからは想像もできないくらいの激しさでしたね。
「この人も父親なんだ…」と変に納得しましたから。

それにしても、あの週の土曜日放送分は笑ってしまいました。
朝ドラって、15分の中にさまざまな感情が湧いてくるので、作る側の苦労は並大抵ではないでしょうね。

Re: No title

こんにちは、蜩さん!

先週は観ているのが辛くなるような展開でした。
実話に基づいているとはいえ、朝の連続ドラマで小さい子を死なせてしまうのは禁じ手のような気がしました。ただ、今週は、悲しみを乗り越えた花子が新しい仕事にチャレンジする姿を見せてくれてうれしかったです。

15分の中でいろんな感情がせめぎ合う、というのは、ほんとにそのとおりですね。
美輪明宏の締め言葉「ごきげんよう さようなら」に、微妙なニュアンスの感情が込められていて、ときどき感心してしまっています。

逆縁ということでいうと、蓮子(白蓮)の長男にも、このあと悲しい運命が待っています。
実話ベースであるからには避けられない展開かもしれません。
それでも、物語の中で、あまり時間が早く進まないように思ってしまったりしています。
どちらにしても、毎朝、目が離せないです(^_^)
プロフィール

JIRO

Author:JIRO
東京下町で開業する司法書士です。
司法書士とはなにをする人か?
・・・一言では説明が難しいです。
といって二言三言あれば説明できるわけではなし。

このブログでは、日頃の出来事や読んだ本、観た映画などのことを書きつらねてみたいと思います。
あ、お仕事のこともすこし触れていきます。

(ホームページ http://www.noguchi-office.jp/)

相続なら江東区の司法書士 みどりの杜司法書士事務所(会社設立)

カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。