FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「大金」の使い方

自宅に届けられた、少し厚みのある封筒。
中身は、以前応募した懸賞が当選し、その賞金のようです。
「応募した」という事実は思い出せないけど、まあそういうこともたまにはあるでしょう。
なにはともあれ、さっそく封を切って中を確かめてみました。
するとそこには300万円の現金が・・・・・

という夢を見ました。
いきなり「夢オチ」の話を持ち出したりして恐縮です。
ただ、この夢の内容には、どうも納得できない点があります。

ひとつは、「300万円」というこの金額。
「大金」であることには相違ありません。まっとうに働いてそれだけ稼ぐのがどれだけ大変なことか、身にしみてわかっているつもりです。

でも。それにしても。
なんで「300万円」なんでしょうか。
「3億円」でも「10億円」でもなく、「300万円」なのか。
まるでぼくがイメージできる「大金」の上限を手にとって見せられたみたいな気がします。
ここには気宇壮大なスケールのようなものがみじんも感じられません。
心の奥に潜み夢を操る「超自我」を呼び出して、以後このようなことのないよう、厳重注意を与えたい気分です。

納得できないもうひとつの点は、夢の中で「300万円をゲットした」と意識したその瞬間、頭に浮かんだ想念のこと。
いったい何をいの一番に考えたかといえば・・・・
「これからは、二つのうちどちらにしようかと迷ったとき、値段を気にせず高いほうを選択できる」というものでした。
要するに、「AランチとBランチがメニューにあれば、いつでも即座にAランチ」ということですね。

その気持ちはわからないではありません。日常の些事にこそ重きを置くその心性をいとおしくさえ思います。しかし、棚から落ちてきたような「大金」を手にした際の反応としては、あまりにつましく、いじましすぎます。なぜもっと豪快な使い途を考えないのか。ここまでくると、わが「超自我」に退場を命じたくなります。

「世の中、お金で買えないものはない」という考え方の人がいます。その是非はさておき、すくなくとも「世の中、お金がなければ買えないものが多い」のは、動かしがたい真理です。
どれだけの大金を目の前に(夢の中で)積まれてもたじろがず、即座に豪快に(夢の中で)使い切ってしまいたいものだと思いました。

それにしても、「ほんとうのさいわいとは何だろう」と問い続けた宮澤賢治のことが、なぜだかふと思い出されるような、そんな不思議な夢でした。

それでは。



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

おはようございます。

面白い夢ですね。封筒を開けたところで
夢が覚めちゃったのでしょうか!
JIROさんの深層心理が気になるところです(笑)

私が気になったのは、これって、普通郵便で
送ってきたのかな?それともメール便?
重さはどれくらい?夢の話なのにね。

ブログの更新、楽しみにしています♪

No title

こんにちは。

わぁ~ すごーい!!ヽ(^o^)丿
・・・と思っていたらいきなりのオチですか。(笑)

私は実際に懸賞で現金が当たったことがあります。
現金封筒で配達されたので驚きました。
たかが5千円、されど5千円。
嬉しくてなかなか使う気になれず、未だに使っていません。( ̄▽ ̄;)
現金封筒もそのままとってあります。

JIROさんの想念、私も同じかも。
ちょっとした贅沢で幸せになれるってのもいいかもしれません。

Re: No title

こんにちは、くまねこくんさん。

封筒は、受け取るときにハンコを押さなかったので、普通便だったみたいです。
あと覚えているのは、封筒の色。
紫色でした。なんだか危なげな色ですよね。
精神分析されたら大変なことになるかもしれないです^^

それにしても、じぶんの深層心理は、通常の尺度では測りがたいほど複雑・玄妙なものだと思っていたのに、あまりにも等身大の夢だったので拍子抜けしてしまいました。
まあでも平和な夢だったのがなによりです。
「財布落とした」なんていう夢は勘弁してほしいですもんね(^^;)

Re: No title

こんにちは、蜩さん。

5千円の懸賞金、実際に体験されたんですね。
「使う気にならない」という気持ち、わかるような気がします。
大事な「御守り」を授かったみたいに思えてしまいそうです^^

今回、夢から醒めたあと、「では、300万円あったらどうするか」を考え詰めてみました。
さしあたって、回転寿司で大トロをひとつ注文しようかなと思います。
もちろんクロマグロの大トロ。あとは・・・どうしようかな。

「どうしよう」かと考える、それが「幸せ」なのだとも思います。
たんに「おめでたい」だけなのかな^^
プロフィール

JIRO

Author:JIRO
東京下町で開業する司法書士です。
司法書士とはなにをする人か?
・・・一言では説明が難しいです。
といって二言三言あれば説明できるわけではなし。

このブログでは、日頃の出来事や読んだ本、観た映画などのことを書きつらねてみたいと思います。
あ、お仕事のこともすこし触れていきます。

(ホームページ http://www.noguchi-office.jp/)

相続なら江東区の司法書士 みどりの杜司法書士事務所(会社設立)

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。