FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『無言館』ふたたび

信州上田『無言館』に行って来ました。
5年ぶりの再訪になります。
http://noguchioffice.blog133.fc2.com/blog-entry-62.html

入館するとすぐに一枚の裸婦像が目に入ります。
「あと5分、あと10分この絵を描き続けていたい。生きて帰ってきたら必ずこの絵の続きを描くから」。
恋人にそう言い残して出征し、そのまま戦死された方の、最後の作品です。
この女性は、絵を完成させてくれる約束をこの場所でずっとこうして待ち続け、来る日も来る日も、来館者の顔に「彼」を探し求め、そのたびに落胆し、ため息をつき続けているのかもしれません。
もしそうだとすると、再訪することで、ぼくは彼女を二度も落胆させてしまった。
そう思うと、なんだか申し訳ないような気がしました。

絵画作品と並んで、数多くの遺品資料が展示されています。
美術学校の卒業証書があり、家族とのスナップ写真があり、戦地で書いたはがきや書簡があります。
そして、ひときわ鮮明に記載された、国や戦地からの「死亡通知書」。
短かった一生のエピソードが、展示されたわずかな資料の中に凝縮されています。

フィリピン・ルソン島で亡くなった方の遺品資料にも、「死亡通知書」がありました。
よく見るとその隣に、部隊長名の文書が並んでいます。

「ラヴニオン洲」とあるを「ラヴニオン州」と訂正

死亡場所の誤記を遺族に通知する文書でした。
戦争をすることも、戦地でむなしく「草生(くさむ)す屍(かばね)」となることも、どちらも理不尽なことだけど、律儀に「死亡通知書」の誤記を訂正することでその理不尽がいくらかでも緩和されるとでもいうのでしょうか。
この奇妙なまでの律儀さにどこか違和感を感じないではいられませんでした。

お役所仕事って、こういうところがあるんだよなあと思いつつ外に出ようとすると、晴れていた空がいつのまにか暗くなっていました。
軽食レストランでコーヒーを飲んでいると、窓の外では驟雨が地面を叩き始めます。
そのときふっと頭に浮かんだのは、さっきの訂正文書が、「部隊長名」によるものであったこと。
その部隊長が、どんな思いでその文書を書いたのだろうか、ということ。

ひょっとしたら、若くして非業の戦死を遂げた部下の遺族に、せめてその最期の場所だけは正確に伝えないといけないと思ったのかもしれません。自分たちにはどうしようもない過ち、改めようのない過ちとは違い、訂正できる過ちはきちんと訂正しなければならない。そんな責任感の発露だったようにも思えてきました。

真相はもちろんわかりません。
死者たちはみな沈黙するばかりです。
だからぼくたちには、残された絵画作品や展示ケースの中の遺品が語りかけてくる、その言葉に耳を傾けることしかできません。


それでは。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

JIRO

Author:JIRO
東京下町で開業する司法書士です。
司法書士とはなにをする人か?
・・・一言では説明が難しいです。
といって二言三言あれば説明できるわけではなし。

このブログでは、日頃の出来事や読んだ本、観た映画などのことを書きつらねてみたいと思います。
あ、お仕事のこともすこし触れていきます。

(ホームページ http://www.noguchi-office.jp/)

相続なら江東区の司法書士 みどりの杜司法書士事務所(会社設立)

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。